kusaka-featured-image-b

講演会 原発から自然エネルギーの活用へ 2015年11月14日(土)

講演会  原発から自然エネルギーの活用へ
ー北海道そして十勝の自然・環境と暮らしを考えるー

2011年3月に福島原発事故が起こってから4年半経ちました。
事故の反省から原発ゼロをめざす大きな世論が生まれ、
太陽光発電の急激な普及など自然エネルギーへの転換が始まりました。

しかし、安倍政権は国民世論に背を向け原発回帰へ走っています。8月には川内原発1号機を再稼働しました。
また、来年4月には、電力小売りが完全自由化になり、
消費者が自由に電力会社を選んで電気を買えることになります。
この電力小売り自由化をテコに自然エネルギーの普及に結びつけられないかという期待があります。
原発ゼロを目指し、自然エネルギーについて考えてみませんか。

講師プロフィール

日下 哉(くさか・はじめ)
1952年芦別市生まれ。北海道教育大学卒。
以来、北桧山(現せたな)町内中学校、

檜山北高校で理科教諭通算 25 年。
道立高校教頭、東京農大教授を経て、現在札幌市内地質調査会社技術顧問・北海道教育大学非常勤講師・NPO 法人北海道自然エネルギー研究会事務局長。

日本地形用語事典、北海道 安全な登山、北海道の環境と地学など著書の他、自然エネルギーと環境の事典、環境を守るための自然エネルギー読本など編著書も多数。

小水力エネルギーマップ—小水力エネルギー賦存量の表現方法の提案—、大型風力発電施設の立地地形分類—北海道を例として—など地域を調べた自然エネルギー論文も多い。
山とスキーをこよなく愛し、テレビと人混みが苦手

日時 11月14日(土) 13:30〜(13:00開場)
会場 とかちプラザ402号室
資料代 500円
※講演終了後、15:10より廃炉の会十勝連絡会の総会を開催します

主催: 泊原発の廃炉をめざす会十勝連絡会
連絡先: 事務局 芽室町 菅原哲也
Fax: 050-5548-2677 mail: hairo.tokachi@gmail.comkusaka-tirashi-00